一級建築士試験が難しい理由!出来の悪い受験生こそ悪の元凶である

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一級建築士試験と聞くと誰しもが難しい試験だと思い込んでいませんか?

実は一級建築士学科試験に合格する事はさほど難しい事ではありません。

では、なぜ一級建築士試験は難しいと誤解されるようになったのでしょうか? 

出来の悪い受験生こそ悪の元凶である!

私達一級建築士学科試験合格を目指す者にとって、無意識に頭でイメージしている事があります。

それは一級建築士学科試験=難しい=資格学校に通わなければ合格は無理。

これが一級建築士を志す私達受験生の共通認識ではないでしょうか?

不思議だと思いませんか?

まだ一度も受験していないのにも関わらず最初から自分で無理って決めつけているんですよ()

現に僕も初めから資格学校に通わないと無理だと思い、二級建築士試験の時には総合資格学院の門を叩きました。 

なぜ?みんな難しいと勘違いするのか? 

皆様は残念ながら要領の悪い先輩や同僚・友人・知人によって、無意識のうちに一級建築士試験は難しいと刷り込まれているのです。

彼らは資格学校に通っているにも関わらず、間違った勉強法で遠回りしながらも一生懸命勉強して、苦労に苦労を重ねてやっとの想いで一級建築士に合格したのです。 

そんな苦労をしてきた彼らが一級建築士試験を簡単というでしょうか?

答えはNOです。

YESなんていうと、4年も5年も一生懸命頑張ってきた自分を否定しかねませんからね。 

たまに、一級建築士試験関連ブログや資格学校の講師の中に一級建築士試験は簡単だよという人が多々います。

簡単だと言い切る彼らと要領の悪い彼らとでは、一体何が違うのでしょうか?頭の構造?

いや違います。ただ正しい勉強法を知っているだけの違いです。

※大学偏差値60以上の大学を卒業されている方は無意識に合格する勉強法を実行しているため、引き続き勉強頑張って下さい。 



皆様はどうですか?無意識に一級建築士学科試験は難しいと思っていませんか?

皆様の友達に一級建築士が100人いたとします。みんな一級建築士試験は簡単だよと言っています。

その反対にあなたの周りには、一人も一級建築士がいません。

みんな口を揃えて言います。あの試験は難しいよ。

さてあなたは環境が違った場合、一体どう思うでしょうか?

後者の場合、最初から試験を受験する事すらしないかも知れませんよね。

しかし前者の場合はどうでしょうか?自分がどんなに頭が悪くても頑張ればどうにかなりそうだと思いませんか?

そうです!一級建築士試験が難しいと自分で勝手に先入観を持っているだけでなんです。

実は一級建築士って誰でも正しい努力をすれば必ず合格出来る国家資格なのです。

まとめ

一級建築士試験合格を諦めるのは簡単です。でも、それで良いのですか?これから先何度も名刺交換するたびに嫌な気持ちになりますよ。ビリケツ君と最後にもう一度だけ一級建築士試験合格を目指して一緒に頑張ってみませんか?

何度も言います。

『頭が悪いから不合格になるんじゃないですよ!正しい勉強方法を知らないだけですよ』

自分の可能性を自分自身で潰さないで下さいね!応援しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す