一級建築士試験!不合格の理由は講師にあり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

資格学校に高い授業料を払い入学したにも拘わらず不合格になる受講生って一杯いますよね。

高い授業料に見合わない無能な講師の眠たくなる授業に大金を払っていると思うと悲しくなりますね。

営業トーク!講師は全員一級建築士!自信をもってお勧め致します

皆様が資格学校を選ぶ時、営業にこういう風に言われませんでしたか?

『講師は全員一級建築士の資格を持っています。指導内容もわかりやすく、しっかりと研修も積んでいますのでご安心下さいませ』

営業から自信満々で言われれば、一級建築士試験合格の夢と希望をもって頑張れる気がしますよね。

でも、残念ながら講師は建築のプロであって指導のプロではないんですよね。

ほぼ素人同然です。

その為講義は面白くなく、非常に眠たいです。

一級建築士試験に不合格になる要因は皆様の頭が悪いのではなく、講師が無能過ぎるからです。講師の責任です!

でも、無能講師ほど資格学校のカリキュラムに沿って授業するので、学校からの評価は高いと思います。

有能な講師は学校のカリキュラムだけでは受講生を合格に導けないと気付いているので、勝手に授業内容を変更したりするので学校からの評価は低いと思います。

その為、生徒から人気がある講師は大体すぐに退職して独立する方が多いです。

しかし生徒が思う様に集まらず、講師業を廃業する方も結構いると思います。

『一級建築士試験に合格させる事よりも生徒を集める営業の方が数倍大変だ』と講師が言っていました。

最初の講義で知る驚愕の事実!基本放置プレイです!

最初の講義でみんなが感じる事を当てますね。

  • 『え!予習してこないといけないの?』
  • 『講師がただ教科書を読んで終わり?メチャクチャ眠たいです』
  • 『俺授業についていけないよ!どう計画を立てて勉強していけば良いの?』
  • 『過年度生って凄く理解しているけど、俺大丈夫?ミニテスト2点って』

どうですか? 今!不安で!不安で!たまらなくないですか?

(大学偏差値60以上の方は除く)

これから一級建築士学科試験までの間大丈夫かな?と思いませんでしたか?

絶対に不安を感じたと思います。

その不安がMAXになるのが模試1終わりです。

皆様が初年度生であれば周りは2年目3年目の過年度生です。その為模試1の結果は当然過年度生の方が高く、皆様の結果は散々なものになるでしょう。



ここで二つの選択肢が生まれます

  • 『あ!2年目・3年目の人には敵わないな、どうせ今年は駄目だ、来年頑張ろう』と思って合格を諦める人
  • 『2年目・3年目の人って凄い高得点だな!でも、この人達って結局去年学科不合格になった人だよな。そんな人に俺が負けるわけない!後4か月一発合格目指して頑張ろう』合格を諦めない人

あなたはどっちですか?

絶対に後者になって下さい。せっかく高い授業料を払っているのですから、是非とも今年一級建築士一発合格を目指して下さい。

心配いりません。ビリケツくんが不安な気持ちを払拭してあげますから!

悩み相談はビリケツ学院までお気軽にお問合せ下さいませ(^^)/

あなたは資格学校で尊敬する講師に出会ったことありますか?

YESと答えたあなたは、とてもラッキーだと思います。多分首都圏にお住まいなのかな?

講師のレベルって差があり過ぎて、もはや一級建築士試験って運ゲーに近いのかも知れませんね。

同じ総合資格学院・日建学院に通うにしても小倉校・天神校では講師のレベルが違います。また水曜日コース・土曜日コース・日曜日コース!講師が違えば合格率も変わってくると思います。

生活の為に講師をやっている方もいれば、一級建築士試験が好きで講師をやっている方もいます。

もちろん一級建築士試験が大好きで独自の理論をもって講師をやっている人の方が、格段にわかりやすいし合格率も高いです。

同じ授業料を払っているにも拘わらず、担当する講師によって合格率が違うのって不公平ですよね。

本当は講師を選べれば一番良いと思います。

2つ教室があり各教室ごとに講師が授業をし、受講生は好きな講師の授業を受講出来るようにすれば講師にとっても受講生にとっても良いと思いませんか?

講師は直に自分の評価を知ることが出来るから、公平で良いと思います。受講生は正直ですからね(笑)

スーパー講師を見つける事は非常に困難!頼れるのは自分自身だけ!

資格学校に通っても合格請負人みたいな人気講師が担当してくれるかは運しだいという事です。という事は結局自分自身で計画を立ててしっかり勉強して行かなければ一級建築士合格というゴールには辿り着けないという事です。

自分を信じて頑張って下さいね!応援しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す