総合資格の模試1は客室L型だってよ!教えて欲しいのL型の攻略法♪前編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一級建築士設計製図試験合格に向けて頑張っている皆様!

明日は総合資格学院短期コースの模試日だと思います。それに伴い受験生からの相談件数も増えてきました。

その相談内容とは一体。 

模試のネタバレになるかもです。客室ってL字決定!?




受験生『ビリケツ君来週模試なんですけど、先週の講義で講師から模試は客室L型だからしっかり予習してきてくれよと言われましたので、是非L型攻略のポイントを教えて下さい。

本当は講師に教えて欲しいのですが、僕の担当講師はチューター上がりの新人講師なので自分のエスキスを披露してくれません。

他の講師も解答例を説明するだけで具体的に教えてくれません。

だから助けて下さい。模試で自信をつけて残り1か月頑張りたいんです』 

ビリケツ君『やっぱり講師がヒント出してきましたか?模試って本当は皆様の為にあるんですけどね。

講師は自分の評価を気にして、どうにかして受講生を6時間半で完成させようと必死になるんですよね。

模試の最中に講師がみんなのタイムを記録して(エスキス何分・見直し何分) 本部に現状を報告するので、自分の担当クラスが全員6時間半で描き切らなかったら怒られたり査定に響くのではないかと思いますよ。

その為6時間半過ぎても講師が休憩します。

終わってない人はそのまま描いて提出して下さい。合計時間は6時間半で良いので記入して下さいという講師もいます。

あ!そうそう途中1時間位でヒントを出し始めますよ。

だから必然的に初年度生はプランが一緒になります。』

受験生『なるほど、そういった事があるのでヒントをくれて6時間半で描かせようとするんですね』

ビリケツ君『残念ながらそうですね。本当は模試1であれば6時間半を目指す意味って全くないんです。

模試1で必要なのは何時間かかっても良いので自分の納得したプランを計画する事が大事なので。

模試1は今まで前半戦で勉強した事をベースに考えれば自ずと解けるようになっていますので、シンプルに考えれば大丈夫ですよ♪』 

受験生『そう言って教えてくれて良かったです。6時間半で完成を目指すより、良いプランで計画します』 

ビリケツ君『そう!それで良いと思うよ。過年度生であればそれじゃ困るけどね()

あ!後本試験までに6時間半でまとめれるか不安になると思うけど、9月後半になればエスキスの精度や作図スピードがまだ上がってくるので心配しなくて良いですよ。 

誰の為の模試なのか講師は考えてほしいものですね。

本部もまさか偽りの数字に騙されてカリキュラムを決めているのではと不安になります。

今年のようにカリキュラムを詰め込み過ぎて消化不良になっている受験生が正直多いですよね。

TACを見習って基本に忠実に講義やれば良いのにと思いますけどね()

総合資格は課題やテキストの質は良いんですけどね。

残念ながら指導出来るレベルに達している講師が少ないのが残念なポイントです。

※あくまで相談者からの情報なので明日の模試でL型じゃない可能性もあるので気を付けて下さいね(笑) 

後編へ続く

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す