一級建築士設計製図試験!助言を求めるなら長期製図卒業生がお勧め!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

資格学校の講義も今日で2回目が終了したと思います。

設計製図を初めて受験される受験生は今、睡眠不足と宿題に追われる夢を見ているのではないでしょうか?

お盆休みも特別講座に消えるのではないでしょうか?

焦る気持ちはわかりますが、無理して仕事に支障が出来ないように気を付けて下さいね。

人によっては命を落とす危険性もあるので、無理は禁物ですよ。 

一級建築士設計製図の助言は必ず長期製図経験者へ聞いて下さい。

前もブログで言いましたが、設計製図初年度の受験生は改めて聞いて下さい。

特に設計製図試験を初めて受験する受験生は絶対にストレート合格した受験生にアドバイスを求めないで下さい。

受験生の気持ちとしては『自分もストレート合格したい』と思っているので、去年、自分と同じ立場にいた人に話を聞きたくなります。 

しかし、その話聞いても得るもの無いですよ。

ストレート合格者は短期製図講座に2か月通っただけで、設計製図試験に関する知識量は全くないです。

ただ学校の言われたとおりに計画しただけで、自分がなぜ合格したのか?何が良くて何が悪かったのか?

全くわかっていません。

実際ストレート合格した受験生の図面みたらわかりますが、え!これで合格したの?と目を丸くすると思います。

長期製図に通って合格した受験生のプランと比べると一目瞭然です。

長期製図経験者の卒業生はきっと『そうそう』というと思います。 

同じ合格図面でも短期製図コースの受験生と長期製図コースの受験生では天と地との差があります。

長期製図に通っている受験生は短期製図コースの受験生なんて眼中にないです。ライバルとも思われていません( ˘•ω•˘ ) 

僕が受験生の時には模試を長期製図と一緒に受けて、その中で一番に描き上げる事を目標にしていました() 

たまに設計製図試験を1発で合格した受験生と話すと、トンチンカンな事ばかり言っていて、話が全く噛み合いません。

エスキスの話しても、短期間に詰め込んだ知識の為、半年もすれば手順も忘れて一人でエスキス出来ないレベルです。 

そんなレベルの卒業生が受験生にアドバイスしている光景をみると悲しくなります。この受験生はまた来年受験する事になるなと。

ちなみに、資格学校の中で人気がある講師はほとんど過年度生です。 



アドバイスは長期製図経験者に聞くのが一番!

周りに長期製図経験者で近年の試験に合格した卒業生がいれば最高ですね。

長期製図を経験して合格した卒業生は自信に満ち溢れています。大体何を聞いても答えてくれると思います。

エスキスも作図も長期を経験すると意外と忘れていません。

あ!でも、5年も経つと完全に他人事になって、素人同然になるのでアドバイス求めるだけ無駄ですね。( ˘•ω•˘ )

自慢されて終わります。俺の頃は・・・みたいな感じで() 

もし、周りに長期製図経験者で卒業生がいない場合は、資格学校の担当に頼んだら卒業生を講義終了後に呼んでくれます。

長期製図経験者の卒業生って自分が苦しんだ分、意外と協力してくれます。きっと学校に来て質問に答えてくれますよ。

本当に!?と思いますよね。

では皆様が合格した翌年。受験生から話聞かせて下さいって言われたら協力しませんか?半分の受験生は協力すると思うなぁ。 

意外と講師よりも卒業生に質問した方が解決するかもよ! 

何度も言いますけど、講師は教えるプロではないです。教える事に関しては素人同然です。

学校通うと思いませんか?

大金払っているのに、なんで講義中こんなに心地よい眠りがやってくるのかと。講義も心地よい子守歌にしか聞こえません。 

そんな講師が担当になった受験生は一体どうすれば良いのでしょうか?

大人しく来年合格を目指しますか?いや、駄目もとで長期製図経験者の卒業生に話を聞きましょう。きっと何かが変わると思います。

話を聞くのはタダですよ。有効活用しなきゃね(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す