一級建築士試験!受験資格を確認する試験官の態度が非常に悪い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一級建築士試験を受験する為には、誰しも一度は面談を兼ねた願書を提出しに行かないといけませんよね。(郵送もあるけど)

願書提出日には建物入口付近に総合資格学院と日建学院の社員がチラシを配っています。ちなみに今では願書受付部屋に両校のブースが併設されています。 

おい!資料もみてない奴に一級建築士受験資格ないよ! 

この話は僕が願書を提出した際に前に並んでいた男性のお話です。

彼は願書を提出後、面接官にボロクソ言われていました。

『おい!資料もみてない奴に一級建築士受験資格ないよ!来年出直して来い』

もちろん!一番悪いのは彼が事前に実務経歴書の記入の仕方を調べていなかった事ですけど、面接官の態度も上から目線でどうか?と思いました。

言い方がもっとあるんじゃない!?と・・・

しかもその後知り合いの会社の社員には優しく接しているのをみて、人によって態度を変えるのはどうなの?あれは改善してほしいですよね。 

きっとこう思うのは僕だけではないはずです。 

残念ながら、彼の前職場は福岡から結構遠かったんですよね。(九州の南部)しかもその日が受付最終日前日という最悪の状況。 

結局彼は願書の提出が出来ずその年の受験を諦めたみたいでした。偶然帰りのエレベーターで一緒になり、外で少しお話させて頂きました。

彼元気かな?合格していると良いな! 

ブラック企業や虐め対策は!?どうするの?

つい最近実務経歴書の記入の仕方が変わりました。今は昔にさかのぼって昔の職場の方から証明して貰わなければいけなくなりました。

あれって結構残酷ですよね。退職した会社に行って証明貰うって!ブラック企業だったり、虐められて退職していたらどうすれば良いのでしょうか?弁護士に頼んで代理手続きして頂かないといけないのですかね? 

弱い立場にいる人の事も考えてほしいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す