平成30年度総合資格一級建築士学科模擬試験(1)を解いてみた♪計画編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一級建築士学科試験で意外と高得点が取れないのが計画です。

それもそのはず毎年計画の過去問出題率は他の教科に比べて少ないので割り切るしかないですね。

その代わり環境設備は過去問出題率が高いので2科目合わせて2830点を目安に頑張ってほしいと思います。 

総合資格学院模擬試験(1)計画は本試験レベルかな?




過去問の出題率と新規問題の出題率のバランスが絶妙でした。僕が知らないだけかも知れませんが()

このレベルであれば1415点獲得出来ていれば良いと思います。

1・問2・問4・問10・問13・問19は解けなくても良いかもね。

13の解答の内容は賛否両論あるかな? 

全体的には良く出来ている模擬試験だと思います。

さすが総合資格学院です♪

総合資格学院学科模擬試験(1)計画を解いてみたよ

1 設計手法に関する問題です。2択まで絞れます。

1 H22-20-04 枝3 H22-01-02に出題されています。

24は新規問題ですが、教科書に書かれていると思います。 

2 新規問題です。

3 公共建築物の事例に関する問題です。キンベル美術館はルイス カーンが設計者です。

この問題はH27-03-04に出題されている過去問です。 

4 新規問題です。教科書問題です。今の時期に解けたら凄いですね♪

5 2棟の高層建築物に関する問題です。建築物の間隔を狭くすると風速の増加する範囲は狭くなり風速増加率は大きくなります。

この問題はH21-04-02に出題されている過去問です。 

6 バスケットコートに関する問題です。2面で34m×41m必要です。

この問題はH13-15-02に出題されている過去問です。 

7 人間工学に関する問題です。パーソナルスペースは洗面台の高さではないです。

この問題はH22-17-01に出題されている過去問です。

8 高齢者及び身体障がい者の利用に関する問題です。車椅子使用者用のコンセントの位置は床面から40cmほしいです。

この問題はH19-16-01に出題されている過去問です。

9 まちづくりに関する問題です。エリアマネジメントは地域における良好な環境や地域の価値を維持向上されるための住民等の取り組みです。

この問題はH21-09-01に出題されている過去問です。 

10 新規問題です。

11 住宅等に関する用語の問題です。ケアハウスは常時介護が必要な高齢者の集合住宅ではありません。

この問題はH21-15-04に出題されている過去問です。 

12 集合住宅の事例に関する問題です。ひばりヶ丘団地の記述ではありません。

この問題はH24-11-04に出題されている過去問です。 

13 商業建築に関する問題です。解答でホテルの受付カウンターは応対者側の床面を低くと書いてありますが、最近応対者側の床面下げているホテルありますかね?

大体フラットじゃないかなぁと思います。バーとかカウンターがあるキャバクラは一段下がっていますけど(笑) 

14 公共建築の計画に関する問題です。広域参考図書館の説明が逆です。

この問題はH14-16-01に出題されている過去問です。 

15 公共建築の計画に関する問題です。立体駐車場の垂直循環方式は出庫に時間が必要です。

この問題はH16-13-02に出題されている過去問です。 

16 高齢者の居住・福祉に関する問題です。シルバーハウジングに機能訓練は必要ないです。

この問題はH25-12-03に出題されている過去問です。 

17 公共建築物の事例に関する問題です。テイトモダンは火力発電所を回収した美術館です。

この問題はH19-25-05に出題されている過去問です。 

18 法規の問題です。重要事項は締結する前に説明しないといけません。 

19 新規問題 

20 マネジメントに関する問題です。ESCOは既存の建築物等を対象とした省エネルギーの改修工事の一つの方法です。

環境・設備のH19-23-05に出題されている過去問です。

まとめ

過去問出題と記載していますが、そっくりそのまま出題されてはいません。

この過去問を理解していれば解けるという意味です。

また勉強する時に解答例の説明もちゃんと読んで覚えるようにすると良いと思います。

本試験時にきっと皆様を助けてくれると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す