平成30年度一級建築士設計製図試験対策勉強会を東京・大阪で開催致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

平成29年度一級建築士試験の合格発表を終えてショックを受けている受験生・喜びに満ち溢れている受験生いらっしゃると思いますが、来年の平成最後の一級建築士試験の日程はすでに決まっています。

いつ動きだすの?今でしょう!!

大阪は若干空きがあります。東京は一旦締め切ります。

明日より休暇に入りますので次回の返信は1月9日過ぎになります。

平成30年度一級建築士設計製図試験対策勉強会の詳細です。




  • 平成30120()21()場所:東京 時間10時~19(最長21)
  • 平成30211()12()場所:大阪 時間10時~19(最長21) 

※会場は2日間21時まで借りています。途中参加・途中退席ご自由に

時間が余りましたら、一緒にご飯でも行きましょう。

軽い新年会?親睦会?楽しみにしています。自費参加ですが・・・ 

会場は参加者のみお知らせ致します。

内容 

初日 東京120() 大阪211() 

平行定規・作図用紙は持参して下さい。 

初日は定規を使って3時間(今年位の量)で作図を仕上げる方法をお教え致します。

大手資格学校のような複雑な手順ではありませんので、資格学校に通っても作図が早くならなかった受験生・作図が苦手な受験生は是非参加して頂けたらと思います。

作図の基本は左から右ではなく、右から左ですよ。僕が独自に編み出した作図方法です。

皆様の常識を変えますね(^^)/

※すでに3時間作図をマスターしている受験生は参加しても時間とお金が無駄になる可能性大ですので、参加しなくても大丈夫です。

2時間で作図出来るようにはなりませんので、あくまでも簡単に3時間で作図出来るようになるだけです。

2日目 東京121() 大阪212(月祝) 

2日目は基礎的な課題を34課題使用して高速エスキスを少し知って頂けたらと思います。

長期製図に通われる受験生は資格学校のカリキュラムが始まる前に知っておくとスムーズに学校の講義についていけると思います。

短期製図に通われる受験生も基礎の基礎がわかっていれば、課題発表後も慌てずに授業についていけると思います。

またエスキスの勉強だけではなく、半年間の取り組み等アドバイス出来る所はやっていきたいと思います。

一応長期講座も短期講座も経験していますので()

受験生のお悩みに応えられると思いますよ(^^)/

参加条件

  1. 参加料は1日5000円を予定しています。時間が長い為少しUPしています。 2日の場合は10000円となります。
  2. 参加申し込みはメール(19kentikusi@gmail.com)かLINEでお願い致します。その際お名前と受講する講座を教えて下さい。 作図講座かエスキス講座もしくは両方希望等
    ※コメント欄では受付けていません。
  3. 現地集合現地解散になります。
  4. 前日に福岡より最終便で向かいますので、台風や飛行機(整備不良)が飛ばない場合など時間の変更等があるかも知れません。
  5. 人数は10名前後を予定していますので、早い者順です。一応20名ぐらいのお部屋を予約しています。
    すでに東京・大阪共に3名ずつのご予約は頂いていますので、開催は決定しています。
  6. 大手・個人の資格学校関係者とわかった場合は罰金100万円お支払い頂きます。

特に6は受験生皆様のご迷惑になりますので、ご遠慮下さいませ。

また写真・動画撮影等はお断りしています。

※合格者の受験生で『直接会ってお礼を』と言って下さる受験生の皆様はお気軽にご来場下さいませ。

少しだけですがお話は出来ると思います。あんまり長くは話せませんが()

ご質問等ございましたらお気軽にご連絡下さいませ。

応募期間

20171224日~27日迄 一旦27日で締切ります。

1228日~18日まで冬休みとなりますので、28日以降にご連絡をくれた受験生への返信は19日以降となります。ご理解よろしくお願い致します。

人数に余裕があれば110日を最終締め切りと致します。それ以降は個別にご連絡下さい。

応募受付後パスワードを発行致しますので詳しくはそちらを見て下さい。

東京会場の詳しい詳細(要パスワード)

大阪会場の詳しい詳細(要パスワード)

※この取り組みはお金第一主義ではありませんので、来たい受験生だけご参加頂ければと思います♪

5000円で何かを得られるかも知れません、何も得られず時間を無駄にするだけかも知れません。

後は各自ご判断頂ければと思います。(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す