一級建築士試験の革命児!TACに学ぶ超絶怒涛の合格理論!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一級建築士製図試験界に突如舞い降りたTAC

この三年間は総合資格学院・日建学院を蹴散らし驚異的な合格率を達成しました。 

TACの講師陣は元日建学院の講師!?

井澤講師は元日建学院の講師だと思います。だって日建学院がYoutubeにアップしている動画に出てるもん!()

他の講師も出身は日建学院または総合資格学院でしょうね。 

TAC神部講師の映像製図講義は凄くわかりやすい

TACの映像製図講義は神部講師が担当しています。総合資格学院の映像講義より数倍わかりやすくて良いと思います。課題に対する考え方もシンプルで受講生には取り組みやすくお勧めです。

初年度生はここだけ2点気を付けて! 

TACは教室講座以外は直接作図指導を行っていない為、学校で座学やエスキスのDVDをみて作図は自宅でおこなう事になると思います。

初年度生は直接指導して頂けないデメリットがありますので、教室に直接通えない受講生は十分気を付けて下さい。

初年度の受講生にとってそのデメリットは大きいですよ。

TACが近隣になければ一年目は総合資格学院か日建学院に通われた方が無難ではないでしょうか? 

福岡及び地方は通信講座のみとなっています。大都市部では順次開講されていますので、待つしかないですね。

その為地方の初年度生にはあまりお勧めしません。 

TACの講座をお勧めする方は大都市部在住で通学できる環境にある方です。

授業料も大変お手頃なTACはお勧めです。

一級建築士試験合格率最強!

近々3年間は受験生の数が少ない為、合格者占有率は一桁代ですが、受講生の合格率は6070%ありますので、圧倒的存在感ですよね。

TAC100人中6070人合格って凄くないですか!

課題の的中率も異常!

TACは毎年講義で使用した課題をネットに公開しているのですが、近々3年間毎年本試験問題に非常に似ている課題を作成して受験者を驚かせました。

去年H28年度も見事的中しました。

総合資格学院とTACの併用もありかもね!

先ほど福岡及び地方在住の方にTACの通信講座は止めておいた方が良いと言いましたが、総合資格学院または日建学院と併用だったら良いかも知れません。

課題を手に入れるだけで少し有利に立てるかも。お財布と相談ですね。



製図.comとウラ指導は今後ピンチにならないのか?

TACの通信講座は確か4度の添削がついていたと思います。ウラ指導と製図.comもそれぐらいですよね。

そうすると同じ価格帯で、この3年間の合格率をみるとTACに添削市場が飲み込まれないか心配になります。

製図.comとウラ指導に通うメリットってありますかね?

TACが総合資格学院・日建学院を相手に戦っていくのか、それとも通信講座に力を入れていくのか?

今後の展開次第では製図.comとウラ指導の立ち位置が大きく変わるのではと思っています。

結局拡大を目指すと一番のネックは人材の確保ですよね。

TACの伝説の講師神部さんクラスを後10人見つけるって相当難しいですよね。

これからTACの成長が楽しみですね。

教科書は改善の余地ありかな!

一級建築士製図試験では圧倒的な合格率を記録しているTACですが、学科試験の方はまだそこまでの合格率を叩き出してないみたいです。

個人的にはテキストを手に取ってみた事あるのですが、正直みにくいです。

総合資格学院のテキストは完璧に近いぐらいの出来なので、こそっと真似したら駄目なんですかね?()

まとめ

いつか福岡県及び地方にも進出してほしいですね。

そうすれば総合資格学院・日建学院の授業料にも変化がみられるのではないでしょうか?

現状の受講料は高すぎです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す