東京第3回目の一級建築士試験勉強会ご参加有難うございました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

勉強会の途中に地震があり、途中心が折れそうになりましたが、皆様の暖かいフォローに救われました。

本当に有難うございます。また次回勉強会でお会い出来る日を楽しみにしています。

ご質問等がございましたら、お気軽にご連絡下さい。復習あるのみ!! 

大阪の勉強会から少し補足内容を追加していますので、大阪会場に参加した受験生はもう一度みて下さい。

5月の勉強会の補足はこちら←勉強会参加者限定パスワードで管理しています。

日建学院、総合資格学院の長期課題をみて思ったこと。




5月の勉強会の補足はこちら←勉強会参加者限定パスワードで管理しています。

日建学院の長期課題は例年通り過去問中心で難しいです。もっと基礎的な課題をやった方が良いのでは?と思います。

総合資格学院の長期課題は例年に比べて少し複雑で戸惑っている受験生が多いのではないか?と思います。

去年から少し傾向が変わって、特に今年は複雑で難しい印象です。

実際課題を見せて頂いたのですが、模試の解答がX方向8m×5スパンでしか解けない課題だったり。(6m×6mを使わない)

例年

解答例1のX方向が777766=40m

解答例2のX方向が88888=40m

Y方向7777=28m

今年は8m×5スパンのみ。解答例1のスパン割りを使うとY方向に6mを使用できません。(6m×6mを使わないと決めているため)

今年の模試は敷地に余裕がないため、Y方向6m×4スパン=24m。

そうすると解答例1のようにX方向を777766にする場合、Y方向を8m×3スパンで計画を組まなければいけません。

本試験に近い時期であれば、Y方向が3スパンでも対応できるかも知れませんが、(平成27年度試験Y方向8m×3スパン)

今の時期にY方向は3スパンでは少し難しいと思います。

そのためY方向3スパン(8m)を除くと、解答例のようにX方向8m×5スパンでエスキスしなければ解けない課題となるため、難易度が高かったと思います。

今の時期に解く模試であれば6m、7m一部8m位がちょうど良いのではないかと思いました。

あの課題の難易度であれば『特別講座でやれば良いのに』と・・・

個人的には解けなくても落ち込む課題ではないと思います。

あ!僕の友人に8mの魔術師がいることを思い出しました。

僕が受験生だった頃、僕の友人は師匠が『8mスパンは基本考えないでね』と説明した5分後に8mで計画するような受験生でした。

基本的な形状が40m×30m=1200㎡。駐車場はピロティ。凄い面白い受験生でした(´・ω・`)

機会があれば勉強会に召喚します。

では、また勉強会で会える日を楽しみにしています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください