一級建築士製図試験でなぜフリーハンドは絶対ダメなのか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

総合資格学院・日建学院に通っている受験生の中でフリーハンド作図する人は1割りもいないと思います。 

資格学校に通っている受験生でフリーハンド作図するという事は=落ちこぼれみたいな風潮があります。

その為資格学校ではフリーハンドを採用して作図する人はとても少ないです。 

ビリケツ君はフリハン反対派です! 

資格学校の講師はフリハン作図を推奨しませんし、明らかに添削の時ちょっと嫌がります。

『だって図面が汚いんだもん』

ビリケツくんも添削するようになってフリハンの図面みると、つい小さな減点箇所を見つけたくなります。

試験元は『フリハンでも良いよ』と言っていますので、フリハン作図しても本試験で減点される事はないと思います。

しかし、本試験で添削するのはAIではなく生身の人間ですので、定規で描いて良い印象を採点官にアピールした方が良いと思います。 

その為作図は定規を使用して綺麗な図面を試験元に提出した方が合格に近づくかも知れませんよ。皆様エスキスの時間が足りないと言いますが1時間で終わらせれば良いじゃないですか?

そしたら時間が一杯余るのでゆっくりと定規を使用して作図すれば良いと思います。 

落ちこぼれのレッテルを貼られるフリハン組!

ビリケツ君のクラスメイトの中にも2人ほどフリハンで作図する人がいました。

彼ら彼女はあまり学校に来ておらず、好き好んでフリハン作図という選択をしたわけではなく仕方ないといった感じでした。大変失礼ですけど、資格学校に通ってフリハン作図している人って授業についていけない人というイメージが強いですね。 

結局最後の課題では一応3時間で作図が完成していましたが、書き込みの内容は合格レベルには達していませんでした。当然本試験では2人とも残念ながら不合格でした。

去年も合格発表の時に名前がのっていませんでしたので、今年は是非合格してほしいですね。 



真面目に取り組めば誰でも3時間で作図出来るようになるよ!

資格学校のカリキュラムは大変良く出来ているので、真面目に取り組めば9月中旬位には3時間ぐらいで作図出来るようになります。

どんなに遅くても本試験1週間前までには間に合うと思います。

その為には是非とも週3枚は最低作図して下さいね。

宿題1枚・授業で1枚・復習・予習で1枚!約束ですよ(^_-)- 

独学組の希望=フリハン

一級建築士試験ブログを運営している人ってフリハン作図を推奨または自身はフリハン作図しているとブログの中で言っている人が非常に多いと思います。

本当に彼ら彼女らがフリハン作図しているかはわかりません。みんなを油断させているだけかも知れませんが() 

彼ら彼女らがブログで言っている事は共通していて『エスキスが一番大事だから作図の時間を削ってエスキスに充てる』です。

その為定規で作図するよりも時間を短縮できるフリハン作図を選択するのでしょうが、はっきり言って選択間違っていますよ。

当に今年で合格したいのなら、作図・記述中心の勉強法に切り替えるべきです。

また資格学校に是非行くべきです!独学支援学校で無駄なお金と時間を消費しないようにね! 

ちなみに独学組はなんの根拠があってエスキスが大事なんて言っているのでしょうか?

H26年度『道の駅』を境に明らかにエスキスの重要度が下がってきているのにも関わらず、未だに『エスキス、エスキス』と言っている人がいる事が驚きです。

受験生が可哀想 

『エスキスが大事』言っている人を信じて間違った方向に努力している受験生が可哀想になります。作図が一番大事なのに、その時間を削ってエスキスだなんて。

今このブログをみているあなた!早く大事な事に気付かないとまた来年頑張る事になりますよ!

作図→記述→エスキスの順番ですよ! 間違えないで!

なぜ作図が一番大事なのかはまた次回お話しますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す