一級建築士学科試験会場に当日着いたらやってほしい3つのお願い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初めて学科試験を受験される方もいれば2回目3回目と学科試験を受験される方がいると思います。

みんな当日思う事は一緒です。

『大丈夫かな?緊張してきた』そして周りの受験生が凄く出来る人に見えます。 

受験会場の85%は不合格になる人だよ

一級建築士学科試験は85%の人が不合格になる試験です。という事は試験会場の自分のクラスの人はほぼ落ちると思って間違いないです。

だから自信をもって受験会場に来ている人なんてほとんどいないのです。

皆様は独特の雰囲気に飲まれないようにして普段通りの自分の力を発揮して下さいね。 

一級建築士学科試験会場に着いたらやってほしい3つの事 

1 可愛い子を探して妄想してみる! 

試験会場に着いて参考書みる時間あったら、可愛い子を探して緊張をほぐして下さい。

間違っても当日テキストとか見たら駄目ですよ。アウトプットしないといけないのに、インプットしてどうするんですか!

当日テキスト開いている受験生は落ちますよ!

だから当日教科書開いてる受験生みて笑って下さい。俺は合格するなっと!自信をもって下さい。

この事は東大生から教えてもらいました。東大に合格する連中は試験当日に参考書開かないそうです。

アウトプットに全神経を集中されないといけないため。インプットは脳を混乱させるそうです。前日まで一生懸命やり切って受験会場に向かって下さい。

ストーカー降臨

ビリケツ君は可愛い子を探して年齢と名前確認までしていましたよ()

はるかちゃん26歳か~はるたんかわゆし!(^^)/と妄想していました。

※机の上に住所・年齢・名前が記載されていますので、くれぐれもストーカーにならないようにして下さいね。

試験会場は個人情報ダダ漏れです。 

2 他のクラスに遊びに行って緊張をほぐす 

当日参考書開かないと結構時間があるんですよね。

何もしないと緊張するので他のクラスに行って、一生懸命勉強している人を探して『みんな落ちるのに直前までよくやるよ、来年頑張れよ』彼ら彼女らを見下して自信を深めて下さい。

自然と落ち着いてドキドキが止まりますよ。 

3 東進のCMをみて合格イメージを作る

僕は一級建築士試験合格を決意した時から、毎日1回東進のCMをみて合格イメージを形成していました。

その為、本試験当日も『僕はあんなに勉強してきたじゃないか!絶対に合格できるぞ!』と自分に言い聞かせるました。

最後の最後まで東進ゼミナールのCMをみてテンションをあげました。

お昼休み中もオニギリ食べながら合格イメージを形成していました。 



まとめ

皆様はすでに一級建築士学科試験に合格出来るだけの力はお持ちになっていると思います。

学科試験に不合格になる人は、当日いつもの力を発揮出来ないだけです。

逆にいえばいつも通りの緊張感で学科試験に臨めば必ず合格出来るという事です。

試験当日は僕のリラックス方法を真似してもらっても良いですし、独自のリラックス方法を用いて、とにかく平常心で試験に臨んで下さい。

自信をもって試験に臨めば、絶対合格出来ますので!頑張って下さい!応援しています。(^^)/ 

アドレナリン全開宣言!キモティー!

一級建築士試験初受験の受験生は本試験終わったら不思議な感覚に襲われると思います。とても疲れているけど、なぜか心地よい感覚に襲われると思います。

アドレナリン全開の未知の世界へいってらっしゃい。 ※相当気持ち良いですよ!

学科試験会場で絶対にやっては駄目なこと 

全教科終わる前に答案の答え合わせしては駄目ですよ。

一つも良いことないです。ただショックを受けて悪いイメージを引きずるだけです。

絶対に約束ですよ。お願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す