一級建築士学科試験攻略の為のおすすめ学習時間管理法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一級建築士試験を受験している方によく聞かれる質問は『いつからどんな勉強をして合格しましたか』です。

あなたはどんなタイプですか?コツコツやるタイプ?それとも 

1年かけて長期的に勉強をやりたい方は年末(12)までに法規と施工を完璧に仕上げておけば楽勝で一級建築士の学科試験を突破できると思います。やる事は過去問中心の勉強で大丈夫です。

そして年明けから2か月かけて計画・環境設備を完璧にして最後の4か月で構造を勉強すれば良いと思います。ここでポイントなのですが、年末までに勉強する際満遍なく勉強する事は絶対に避けて下さいね。時間の無駄です。 

年末までの勉強方法で合否が決まる!!

特に資格学校に通っている人に多い間違った勉強方法が満遍なくやって、年明けからの授業についていけるように計画を立てる人です。これは学科試験に落ちる人の典型的な考え方です。満遍なく勉強すると資格学校の授業にはついていけるのですが、本試験では全くと言っていいほど合格しません。 

資格学校の弊害である各科目のスケジュール問題

資格学校の各科目のスケジュールは計画→法規→構造→計画という風に毎週違う科目を勉強します。その為、受講生は授業で受ける科目に沿って勉強していく事になるんですね。そうすると先週勉強した法規を今週はもう忘れている事が多々あります。この勉強方法は天才向きですよね。計画なら計画と集中した方が頭の中の定着率も高くなります。 



東大式勉強法は一極集中!

僕が旅先で出会った東大・京大生から教えてもらった勉強方法です。彼らは天才型ではなく努力で東大・京大に合格したと言っていました。

彼らがいうには、僕たちは小学校から満遍なく勉強する事を学んでいる事で、その刷り込みによって勉強する時は無意識に満遍なく勉強する事が良いんだと思っていて、本来満遍なく勉強をこなせる人は天才型のみらしく、凡人は一極集中でしか頭の中に入っていかないとの事でした。 

僕の勉強方法も一極集中

僕も教えてもらった通り、法規を100時間勉強して次の施工に進むようにしました。

すると法規に集中したおかげもあり、頭の悪い僕でも一気に理解・暗記能力が上がった気がしました。細かい方法はブログではなかなか伝わらないので申し訳ないのですが、とにかく晴天の霹靂でした。

それから施工→計画→環境設備→構造と集中して勉強した結果見事一級建築士学科試験を突破する事が出来ました。専門学校時代落ちこぼれだった僕がです! 

その経験もあり、勉強するなら一極集中をお勧め致します。勉強の詳しい方法は追って書いていきますね。とにかく満遍なく勉強する事だけは天才以外止めて下さい。時間の無駄です。 

なぜ法規と施工を先に勉強するのか?

一極手集中で勉強する事まではわかったと、ではなぜ法規→施工の流れで勉強するのか?構造はなぜ後回しなのか?

これにはちゃんと理由があります。

一級建築士学科試験に合格した人は気づいていると思いますけど、一級建築士学科試験で一番大切な科目は法規です。これは紛れもない事実です。現に合格者で法規の点数は23点以下で合格した人は稀じゃないでしょうか?学科合格者は最低でも24点以上獲得していると思います。

試験元が無言で言っています!法規で24点以上取れないものは一級建築士になる資格がないとね。 

それぐらい法規で点数取れない人は合格できない厳しい試験なのです。

逆に考えると法規で24点以上獲得できると、ぐっと一級建築士になれる可能性が高まります。その為、年末までにどうしても法規を完璧にしてほしいのです。法規が20点しか取れない受験生に他の教科で合格点が取れるとは到底思えないからです。

厳しいようですが法規で20点しか取れないようであれば永遠に一級建築士になれないでしょう。 

その為是非とも年末までに法規を完璧にして下さい。法規が完璧になった時点で合格に片足を突っ込んだと思って良いと思います。 

施工に大切な力は暗記能力です

法規が完璧になった後は施工です。施工をなぜ2番目に勉強するのか?それは暗記科目だからです。法規には理解力が求められるのに対して施工は暗記力が求められます。細かい数字を暗記したりするので、どうしても長期記憶が必要になるため、なるべく早い段階から勉強した方が良いです。 

ちなみに、一級建築士学科試験に落ちる受験生は法規と施工を一番最後に勉強する傾向にあります。一番大事な事を理解できていない人が多いです。 

計画・環境設備・構造はゆっくり焦らずに

年末までに法規・施工が完璧に仕上がったら一級建築士学科試験は80%終わったも同然です。7か月かけてゆっくり勉強していけば良いと思います。

補足すると2教科で法規25点施工20取れるようになっていれば、計画・環境設備・構造を適当に勉強していてもかなりの確率で一級建築士学科試験に合格できると思います。

計画13点環境13点構造19点=90になりますからね。 

とにかく一級建築士試験で最も大事な科目は法規と施工です! 

時間がない!短期集中でどうにか合格したい!

一級建築士学科試験に合格するには一般的に学習時間が800時間ぐらい必要だと言われています。

2級建築士等で勉強後間隔が短ければ300時間で合格が可能かも知れませんが、一般的には800時間ぐらいは最低必要ではないかと思います。800時間を一日で勉強出来る時間で割ってみて下さい。

それがあなたに必要な学習時間です。一日3時間勉強する気でいるなら、遅くても11月から始めなければ間に合いませんよ。

とにかくスタートが大事です! 

この試験に一発逆転なんて存在しないのですよ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す