5ch(2ch)を見る事がありますか?え!合格者は見ていないですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は一級建築士合格者あるあるをお話したいと思います。

  1. ビリケツくんさん、5chで〇〇の件話題になっていましたよ。
  2. ビリケツ!5chを見て勉強しろ!!
  3. 5chで〇〇との情報がありますが、実際はどうですか?

とメールで5ch情報を教えてくれる受験生がいます()

僕も受験生の時は、周りの状況が気になって気になって仕方なかったため、頻繁に2ch(5ch)見ていました。でも、合格後は・・・

5chに書き込みしている人は合格者ではありません!!情報は鵜呑みにしないで!




メールの問い合わせは嬉しいのですが、5chに書かれている事の真意は僕はわからないため、出来れば5chの情報は5chで完結して頂いたら嬉しく思います() 

僕が合格して思う事は5chの情報は当てにならない』と思いました。

正直、合格者は書き込んでいないと思う為、情報はあまり当てにしない方が良いと思います。

受験勉強の息抜きに5chを見てリラックスして楽しむ分には良いと思いますが、情報に惑わされないように気を付けて下さい。 

一級建築士合格者が5chにいないと思う理由

ズバリ!興味が段々と無くなるからです。

合格者あるあるですが、合格後は嬉しくてクラスメイトや講師と飲み会を開催すると思います。

そこで『こうやって毎年集まれたら良いですね。この嬉しさは一生忘れられないです』という感じでみんなと約束するのですが、大抵の場合は2年持たないですね。

それぞれ、次のステップに進んでいるため、過去を振り返る事はあんまりしないです。

もし、一級建築士試験に合格した元受験生が、未だに書き込みをしているのであれば、ちょっと珍しいタイプだと思います。

学校を例に出せば、部活を卒業した先輩が、練習とかに来て先輩風を吹かせる感じです。

そんな感じで、5chに合格者はほぼ、来ないと思いますので、情報は適度にみて楽しむ事にして下さい。

こないだも合格者と話していて『合格するまで毎朝5chを見る事が日課だったのに、今では全く見なくなった』と言っていました。 

受験生の時からブログを更新している人達は?

一級建築士試験に合格してしまうとブログに書くネタが無くなったり、モチベーションが下がってブログを更新しなくなったりします。

または別のトピックに変更したりしています。

後は、大手資格学校の講師やチューターになると『個人情報の観点からSNSで学校(特に生徒)の事は書かない』『受験生と個人的にLINE等を交換しない』

と指導されるみたいで、講師等になると発信する事を止めちゃう人が多いです。

僕も大手資格学校の講師になったら、このブログを閉鎖しないとですね(^_^)

5年もすれば、合格した年の課題すら忘れますよ。

たまに、師匠経由で師匠の元教え子に会う機会があるのですが、その時に『〇〇さん合格した時の課題は何でしたか?』と質問すると大抵。

『確か老健?いや、図書館だったかなぁ』という風に全く他人事のように語る人ばかりなのです。

そういう僕も二級建築士の製図試験課題は、もう覚えていないです()

悲しいですね。時が経つ事は。

まとめ

5chは受験生同士、同じ熱量で語り合う事(やり取りを見る事)が面白いのであって、合格した後の、クールダウンした熱量では楽しめないと思います。

合格した後にもう一度このブログを見て頂ければ『こんなに熱量が無くなるなんて』とビックリすると思います。

信じるか信じないかはあなた次第です。

あ!そうだ

機会があれば5chに書き込んでいる人と、実際に会って『どういう心境で書き込みしているんですか?』と聞いてみたいです。

5chに酷い事を書き込む人でも、実際に会ってお話すればメチャクチャ良い人なんだろうなぁ~と思います。

一生懸命勉強して一級建築士試験に挑戦している受験生の中に心底性格が悪い人は、いるかな~(´・ω・`)

僕はいないと思うな~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高速エスキス基礎テキスト&練習課題を購入する

ビリケツHERO’s学園の一級建築士高速エスキス基礎テキストが完成致しました。

令和元年一級建築士試験の課題はなんと『美術館の分館』でした。

低層階型の知識はこのテキストにまとめていますので、参考にして下さい。

改良に改良を重ねた結果、とても満足いく出来に仕上がりました。

一人でも多くの受験生のお力になればと思います。

令和元年一級建築士製図試験『美術館の分館』の課題も絶賛発売中!


テキスト&練習問題販売

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください