本試験まで残り36日!後半戦スタート!!必死のパッチで頑張って!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

受験生の皆様、今週から徐々に課題が難しくなっていくと思いますが、エスキスに悩んだら、基本課題をやるしかないです。

応用課題を解くには、基礎力が必要になります。

難しい課題を追い求めるのも良いですが、基本課題の復習を怠らないように気を付けて下さい♪

説明する時間はないけど、ご要望があったエスキス図を2課題載せておきます。




※少し条件違反あるかも知れません。そこは修正して下さい。

今週から、週末は勉強会に参加していますので、メールやLINEの返信が遅れます。

説明は、来週ゆっくりしたいと思います。

宿題も終わったと思うので、載せておきます。

絶対に学校にこの図を持って行かないでね。

絶対講師から『これがあれで、ここがどうこう』と言われるよ(笑)

PS、DS、EPS等は適当で良いので記入していません。

気になる点があれば、修正して下さい。

重要な事は、これ位の図を1時間以内に仕上げる事です。

修正は後から、ゆっくり出来るので、取り合えず、土台を作る事に専念して下さい。

断面検討、機能図、廊下係数等を検討したい場合は、やれば良いと思います。

でも、それをやらなくても、エスキスは出来るので、あんまり時間をかけない方が良いですよ。

短辺方向=6m×5スパンの思い込み・・・危険!!

短辺方向=6m×5スパンと思い込んだら、本試験痛い目見ると思うよ。

エスキスに大事な事は、先入観を無くす事です。

コマが足りないから、7m×4スパン→6m×5スパンに変更したいな。

はい。6m×5スパンに変更して下さい!』これは正解!

短辺方向だから、6m×5スパンに変更したいな。

『はい。駄目です。その決め打ちは何の根拠ですか?40㎡の倍数が多い?50㎡の倍数が多い?そんなのどうでも良いです。手順を確立しないと、少し課題の内容が変わったら、エスキス出来ないですよ。』

施主(試験元)は十人十色です。柔軟に対応出来る力が求められている試験です。

信じるか信じないかはあなた次第です! 

まとめ

受験生の皆様高速エスキス基礎テキストをやる暇ないと思うけど、後半戦の課題を解く為には、基礎力が大事です。

時間なくてきついと思うけど、基本大事!!

迷ったら、ドリルに戻ってね。そこに答えがあると思うよ(^^)/

絶対合格出来る!!やれば出来る!諦めるのはまだ早い!

質問が多い設備の事!単一ダクトの場合は梁下は500mm必要?

試験的には、500mm必要と覚えておけば良いと思います。

パッケージは200mm!単一ダクトは500mm!と一般的に説明されていると思います。

でも、もっと突っ込めば梁を貫通させたら良いので、あんまり気にしなくても良いと考える事も出来ます。

梁貫通は絶対駄目!という講師がいれば要注意です。

(試験的には安全側に考えた方が良いので500mm確保してはOK)

では、講師にこう質問して下さい『パッケージの場合は200mmで良いんですよね?では、換気用のダクトはどこに通しているんですか?200mmで足りますか?』

多分、梁を貫通させていると答えると思います。

そんな感じで『試験的に覚える』がポイントです。

何度も言いますが、資格学校の講師に設備の知識を求めても駄目です。

馬鹿にしているわけではないです。わからない分野があって当然です。

設備やっている講師が圧倒的に少ないという事を理解して講師に質問して下さい。

設備に関して、講師がわからない場合は、お気軽にご質問下さい。

階段

階高が高い場合は、1.5回転でも良いし、回り階段を使用しても良いと思いますよ~

管理用の課題のみOKだと思うよ。利用者用階段は不可!

  • 階高 4m  利用者 26段   管理者 20段
  • 階高 4.5m 利用者 29~30段 管理者 23段~24段

長期のみ?オッケーなのかな?

僕が受験生だった頃、階高4.5mの時に使ってたなぁ~。

後は、講師に聞いてみて下さい。

階高が苦手と思っている受験生の皆様に一言

苦手だと思うっていう事は、自分の弱点に気付いているという事!

その能力凄い事です。後は、苦手意識を克服するために、練習あるのみです。

苦手なら、迷わず向かっていく!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高速エスキス基礎テキスト&練習課題を購入する

ビリケツHERO’s学園の一級建築士高速エスキス基礎テキストが完成致しました。

令和元年一級建築士試験の課題はなんと『美術館の分館』でした。

低層階型の知識はこのテキストにまとめていますので、参考にして下さい。

改良に改良を重ねた結果、とても満足いく出来に仕上がりました。

一人でも多くの受験生のお力になればと思います。

令和元年一級建築士製図試験『美術館の分館』の課題も絶賛発売中!


テキスト&練習問題販売

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください