令和2年一級建築士学科試験!分析完了致しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

令和2年一級建築士学科試験の分析が終わりました。

遅くても土曜日までに5科目ブログにアップしておきます。

課題の内容(解説)は大手資格学校に任せます。

僕は何年度の過去問から出題されたか、ご紹介致します。

難しかった!簡単だった!ではなく、過去問からの出題率=難易度

僕が考える難易度の根拠は過去問出題率です。




色んな人が色んな場所で令和2年の一級建築士学科試験の難易度について語っています。

正直みんな所感が多くて実際どうなんだろう?と思っていませんか?

例えば合格基準点90点の年と95点の年。

どちらの難易度が高いと思いますか?

多くの人が90点の年!と答えると思います。

では、次の質問です。

過去問からの出題が125問中110点の年と125問中100点の年。

どちらの難易度が高いと思いますか?

多くの人が125問中100点と答えると思います。

良いですね。ノリにのってきました。

最後の質問です。

合格基準点90点の年は過去問からの出題率125問中110点

合格基準点95点の年は過去問からの出題率125問中100点

どちらの年の難易度が高いと思いますか?

多くの人が合格基準点95点の年を選ぶのではないでしょうか?

そうなんです!

基準点をベース考えると本当の難易度は見えません。

だから僕は、所感で簡単だった、難しかったと言いたくないのです。

そのため、僕は過去問出題率をベースに難易度を語っています。

本試験で何点取った?っという話は何年度の過去問?と付け加える事が大事です。

近年で一番難しかった平成28年度の点数と令和元年の点数は全く意味合いが違います。

※努力した結果は変わりません。

僕の学科試験の相棒は、総合資格学院の平成24年度の問題集&テキストです。

受験生の皆様は新しいテキストの方が良いと思っていませんか

意外とこの平成24年度の問題集&テキストでも本試験戦えます!

一級建築士学科試験、独学を目指すなら総合資格学院のテキスト一択です。

なぜなら?神テキストだからです。

この内容を理解すれば目の前に合格の二文字が近づいてきます。

他のブログやYoutubeで某テキストをお勧めしている人が沢山います。

しかし、本当に受験生のために発信しているのでしょうか?

そこにお金は絡んでないのでしょうか?

合格する為には過去問が一番大事です。

しかし、同じ過去問集でも解説の質は全く違います。

使うテキストで理解度も変わってくるかも知れません。

去年ストレート合格した受験生のブログを参考にしてみて下さい。

なかなか更新されませんが・・・こちらをクリック

まとめ

過去問出題率は大手資格学校では絶対に発表されません。

理由は簡単過去問で合格するなら学校に行かなくて良いからです。

総評等を見ると色々と理由を付けてますが、一言で終わります。

『過去問で対応出来たね♪』タブーですけどね・・・

課題発表後からは製図試験についてのブログになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

基準階型に特化したテキスト&高速エスキス基礎テキストを購入する

8月の一級建築士製図勉強会で使用した、基準階型に特化したテキストを数量限定で販売致します。

ビリケツHERO’s学園の一級建築士高速エスキス基礎で1階2階(低層階型)の勉強も引き続き頑張ってほしいと思います。

一人でも多くの受験生のお力になればと思います。

受験生の皆様の合格をお祈りしています!!

基準階型に特化したテキストの詳しい内容はこちらをクリックして下さい。

一級建築士製図試験(低層階型)に特化したテキストはこちらをクリックして下さい。


テキスト&練習問題販売

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください