エスキスのポイント軽く解説!3階に50㎡の倍数が多く、1階2階に40㎡の倍数が多い場合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

8月も後半になってきましたので、そろそろ各資格学校の方針が固まってくる頃だと思います。

実際に解いてみたシリーズもやっていきたいと思います。

もう少し待っていて下さいね。

本日は受験生より、質問が届いていますので、ご紹介していきます。

3階の要求室は50㎡の倍数。1階2階の要求室は40㎡の倍数だった時は、どうすれば良いのか?

少し解説していきたいと思います。

基準階型は全て暗記から始まるのです!

3(基準階型)は、日照?景観?どちらが優先なのか判断する必要がある。




1階、2階は機能訓練室、食堂等面積の大きな要求室は、特に条件が指定されていない場合は、なるべく条件の良い方位に計画します。

逆に一般浴室等は、条件の悪い方位に計画する。

※スペースがあれば、条件の良い方位に。

大きな要求室が計画出来れば、後は、空いているスペースに小さな要求室を適宜計画するば良いと思います。

3階の計画である程度スパン割りが決まるため、1階と2階はスパン割りを考えず入れこむ事を意識する事が大事です。

去年であれば、最後にスパン割りで調整!と考える事も可能ですが、今年は3階の形状を最後に出来るだけ崩したくないため、スパン割りで調整する事を極力考えない方が無難かと思います。 

約50㎡の部屋を5室、約25㎡の部屋を2室、指定された場合

1階、2階 食堂 約100㎡、機能訓練室 約100㎡、一般浴室+機械浴計約100 

これだと下記のように計画すれば良いと思います。

 

約40㎡の部屋を5室、約20㎡の部屋を4室、指定された場合

1階、2階 食堂 約60㎡、機能訓練室 約60㎡、一般浴室+機械浴計約80㎡

この場合は、下記のように計画すれば良いと思います。

 

約50㎡の部屋を4室、約25㎡の部屋を4室、指定された場合

1階、2階 食堂 約60㎡、機能訓練室 約60㎡、一般浴室+機械浴計約80㎡

3階が50㎡の要求室が多く、1階と2階に60㎡、80㎡(40㎡の倍数)の要求室が多い場合は、どうでしょうか? 

この場合は、下記のように計画すれば良いと思います。

この様にある程度基準階型のパターンが頭にないと計画していく事は難しいと思います。

本試験当日も基準階型のプランを考える時間は正直15分ほどしかないと思います。

基準階型は、本試験当日0から1を生み出すのではなく、学校で培った知識を元に1から2を作る事が求められます。

その為、ある程度のパターンを暗記する必要があるのです。

僕の師匠を含め、基準階型が難しくないと考えている講師はみんな、基準階型のパターンを暗記していると思います。 

まとめ

僕の師匠の口癖は『基準階型は1分で組み上げる』です。

毎年9月に、エスキスに悩みをお持ちの受験生向けに、師匠の無料講義(福岡)(学校の宣伝も兼ねて)があります。

福岡近郊で可能であれば、是非参加して直接エスキスの考えを聞いてみて下さい。

大手資格学校に通っている受験生でも大丈夫です。

914()20時~23時位を予定しています。

ご興味があれば是非参加してみて下さい。

詳しくは、明日のブログをチェックしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

基準階型に特化したテキスト&高速エスキス基礎テキストを購入する

8月の一級建築士製図勉強会で使用した、基準階型に特化したテキストを数量限定で販売致します。

ビリケツHERO’s学園の一級建築士高速エスキス基礎で1階2階(低層階型)の勉強も引き続き頑張ってほしいと思います。

一人でも多くの受験生のお力になればと思います。

受験生の皆様の合格をお祈りしています!!

基準階型に特化したテキストの詳しい内容はこちらをクリックして下さい。

一級建築士製図試験(低層階型)に特化したテキストはこちらをクリックして下さい。


テキスト&練習問題販売

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください