明日10月13日(日)は令和元年一級建築士製図試験当日です。準備は大丈夫ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

明日は待ちに待った一級建築士製図試験の日ですね。

関東は台風の影響で大変だと思いますが、無事明日の試験を迎える事が出来るようにお祈りしています。

10人位の受験生からホテル前泊頑張ってきます!とメールを頂いたのですが、本日移動できるのかな? 

大手資格学校の課題作成者と本試験課題作成者は別人です!




学校で習った事はとても重要な事ばかりです。

しかし、施主(課題作成者)は全くの別人です。毎年見た事のない言い回しで受験生を困惑させます。

迷ったら、お客様ファーストを心掛けて下さい。

お客様がどうすれば喜んでくれるのか?

これが大事だと思います。

廊下幅が2mなのか3mなのか?

特に指定がない場合は、個人的には2mで良いと思います。

EVの寸法も展示品が大きくなければ3m×3m必要ないと思います。

受験生の皆様が施主の立場だったらどうですか?

特に条件がない場合に廊下が3mあったら、無駄な空間と思いませんか?

展示品の寸法から廊下幅を導き出す→3mは良いと思いますが、そこをしっかりと自分で考えて当日プランに反映させて下さい。

これが正解!じゃなく施主が何を求めているのか課題文から読み取る事が大事だと思います。

10番目課題(施主)と似ている条件だな=今回も一緒かな? 

この考えは危険です。

なぜなら、施主は全くの別人だからです。

何度も言いますが、課題文に書かれている事が全てです。

信じるか信じないかはあなた次第です。 

まとめ

毎年恒例のスラムダンクを見る!

このリラックス方法が僕のお勧めです。

涙が溢れますけどね。

今日は早めに寝て明日に備えて下さい。

落ち着いて!やれば出来るから!!自分を信じて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高速エスキス基礎テキスト&練習課題を購入する

ビリケツHERO’s学園の一級建築士高速エスキス基礎テキストが完成致しました。

令和元年一級建築士試験の課題はなんと『美術館の分館』でした。

低層階型の知識はこのテキストにまとめていますので、参考にして下さい。

改良に改良を重ねた結果、とても満足いく出来に仕上がりました。

一人でも多くの受験生のお力になればと思います。

令和元年一級建築士製図試験『美術館の分館』の課題も絶賛発売中!


テキスト&練習問題販売

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. O より:

    今日は何もしないと決めてのんびり過ごしています。
    ただ、ソワソワ、ムズムズしますねぇ。

  2. ビリケツくん より:

    そうですね。前日に慌てても何も良い事ないと思います!
    健康ランドでも行ってゆっくり過ごして下さい!!

  3. ビリケツくん より:

    平成26年度は、年明けの成人式の日だったと思います。
    会場の手配が難しいため、来年になるのではないでしょうか?
    東京次第でしょうね。

  4. 匿名 より:

    私の地域では、台風の影響で明日の試験は中止となってしまい、気が抜けてしまいました。再試験がすぐあるのか、しばらくあくのか分からないので、これからどうするか戸惑っています。

  5. ななし より:

    いつも楽しく拝見しております。台風の影響で明日の試験が中止になりましだ…
    さて、ご質問ですが、課題文の留意事項等に設備機器の搬出入及び更新に配慮とある場合で、空冷ヒートポンプパッケージユニットのダクト接続(床置き型)の空調機械室を2階に計画する場合、EVのサイズはどのようにお考えでしょうか。ご意見をお願いします。

  6. ビリケツくん より:

    EVは普通のサイズで良いと思います。
    1階の外壁面に設けられない場合も廊下が2mあれば、大丈夫です。
    ユニットを組み立てる感じで考えたら良いと思います。
    不安だったら3m×3mで良いと思います。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください