製図まとめ

一級建築士製図試験の新常識!合否は記述で決まるらしいよ!多分(笑)

一級建築士製図試験をすでに受験している過年度生・卒業生の中には何を今更『記述が大事なんて当たり前の事言っているの』と思う方が大勢いると思います。

そうなんです。

今や記述の重要性を知らない受験生なんていないのです。

初年度生の皆様聞いて下さい!一級建築士製図試験!記述の大切さを!

続きを読む

一級建築士製図試験!なぜ無能な講師ほどエスキスに時間をかけるのか

総合資格学院・日建学院に通うと朝から晩までエスキスが大事と言われると思います。特に無能な講師ほど『作図を2時間半で終わらせて、なるべく多くの時間をエスキスに費やして下さい』というはずです。

エスキスが大事だったのは大昔の事です。

では、なぜ無能な講師ほどエスキスが大事だと言うのでしょうか?それは知識が不足しているからです。

一級建築士試験の知識がないやつ退場願います!

続きを読む

一級建築士製図試験は一級色塗り試験ではありません!

一級建築士製図試験に向けて多くの方が総合資格学院・日建学院に通うと思います。資格学校に通うと最初の授業で蛍光ペンの使い方を習います。

ピンクがエスキスに必要な情報・黄色が作図に必要な情報等56種類ぐらい使用してエスキスを進めていきます。 

はぁ!一級色塗り製図試験じゃないよ!一級建築士製図試験だよ!

続きを読む

一級建築士製図試験!資格学校で有能な講師を見抜く簡単な方法

総合資格学院・日建学院に通っている、または今から通う事を考えている皆様へエールを送りたいと思います。

資格学校には、全国一律同じ授業料をお布施していると思いますが、正直講義を受け持つ講師の力は一律ではありません。同じ講師なのに、指導内容には雲泥の差があります。 

過年度生は蓄積された知識がある為どうにかなると思いますが、初年度生は出来ない(無能)講師に当たると最初から最後の講義まで言っている事がわけワカメになります。 

無能講師=来年頑張っての片道切符!

続きを読む